HOME > ケース別対処法

ケース別対処法

ケース紹介

不動産出身の税理士だからこそできることがあります。
具体例を下記3つの事例にしたがってご説明致します。
知らないうちに損をしていた!そのようなことがないように事例をごらんください。

ケース1

保有財産の評価と活用

アルファ税理士法人では、代表の高橋税理士が不動産業界出身という経歴をもつほか、不動産に関する税法その他の法令上の確かな知識と数多くの相続案件における豊富な実務経験を有するスタッフが、お客様にとって「実際に役に立つノウハウ」を提供することができます。
単に手続きの一環として適正な相続評価や相続税算出のサービスを提供するだけではありません。

不動産は高額であると同時に、その時々のマーケットに応じて価値の変動する資産であるからこそ、保有資産のマーケットにおける位置づけや需要の動向を的確にとらえた上で、売ったほうがよいのか、誰かに貸したほうがよいのか、それともちがう種類の資産に組みかえたほうがよいのかなど、保有資産をどのように活用すべきかについては、それぞれのケースで異なる対応を個別具体的に検討する必要があります。
どのような手法がお客様の今、そして将来のために最も効果的な相続対策となるかという視点をつねに意識し、不動産の性質に精通した税理士が最適なアドバイスを提供いたします。

ケース2

業界の特徴を熟知

賃貸管理業のような比較的安定した収支を予測できる業態をのぞけば、不動産業は一般に景気の変動を受けやすい業種といえます。わたしたちもお客様から「今期はたまたま大きな取引があったから売上(利益)が伸びたものの、納税が過大になると来期の経営に不安を感じる」といったおはなしを聞くことがよくあります。こうしたお悩みに少しでも役に立てるように、決算に備えた事前の納税予測や次期の事業計画の摺り合わせを経営者のかたと行い、極端な変動が予測される場合には適正に緩和するためのアドバイスを提供いたします。
また、この業界では「情報が命」ともいわれており、取引に関する情報の多寡と経営の巧拙が密接にリンクしています。わたしたちの事務所では数多くの不動産関連業種のお客様を担当させていただいておりますので、わたしたちが間にはいることでお客様どうしの横のつながりを広げていただくきっかけになればと考え、さまざまなイベントを企画するなど情報交換の場を積極的に提供してまいります。

ケース3

資産家、不動産業に不可欠な情報

不動産を保有する個人の資産家であっても、不動産業を営む法人であっても、多くの方々が何らかのかたちで金融機関からの融資を利用していることと思います。そして、その融資は不動産取引のプロセスに応じて、たとえば企業の運転資金であったり、物件の仕入資金であったり、リファイナンスのための融資であったりと性質が異なります。一方、融資を提供する金融機関の側も、実際には資金ニーズの種類によって得手、不得手があります。わたしたちはお客様のおかれた状況に即し、適切な金融機関の選定やストラクチャーの構築を提案いたします。